当院の虫歯治療の方針

当院では何が何でも削る、というわけではなく、初期の虫歯の段階(C1レベル)であれば、クリーニングと定期検診、フッ素塗布などで様子をみながら虫歯の進行止めを行っております。下記のコンポジットレジンの治療を併用し、なるべく低侵襲での虫歯治療を行っております。

痛くない麻酔の導入

表面麻酔ジェル

虫歯の治療には事前に麻酔を行いますが、この麻酔に当院では痛みを極力軽減する工夫を行っております。

  • 麻酔液を事前に人肌程度の20℃前後に温める工夫
  • 歯ぐきに表面麻酔ジェルの塗布(針の刺激を軽減)
  • 33G(ゲージ)という数値の極細針の使用
  • 麻酔液を一定の速度でゆっくり注入し圧力をかけないようにする

上記の工夫とドクターの感・経験により、痛みに苦手な方もご好評をいただいております。「虫歯の治療や検診をしたいけど、痛みが苦手で何となく歯医者から足が遠のいている」という方々は少なくないかと思います。一度お問い合わせ・ご相談ください。

歯の痛み・虫歯治療で行う主な施術方法

白い保険の詰め物「コンポジットレジン(CR)」

コンポジットレジン(CR)

虫歯の初期の進行のタイミングで適応になる保険適用の白い詰め物です。素材はレジンと呼ばれるプラスチックです。大きな範囲の虫歯には不向きです。奥歯の詰め物を銀歯にしたくないという方は、まずはご相談ください。

⇒関連治療「ダイレクトボンディング」

虫歯で歯を大きく失った場合の詰め物・被せ物

詰め物・被せ物

残念ながら虫歯が進行し歯の一部を失った場合はインレー法による詰め物の処置、歯の頭を大きく失った場合はクラウン法による被せ物の処置が必要となります。

⇒インレー(奥歯の詰め物)について

⇒クラウン(奥歯・前歯の被せ物)について

根管治療

根管治療

虫歯が歯の神経(歯髄)までに奥深く進行した場合は、虫歯になった根の除去と消毒が必要になります。これを根管治療と呼びます。数回の通院に分けて行います。虫歯がなるべく進行しないように早期発見と治療、予防が大切になります。

知覚過敏(歯がしみる)

知覚過敏

歯の表面のエナメル質が溶けると冷たい物や熱い物の飲食中に歯がしみる事があります。これを「知覚過敏」と言いますが、極端に歯がしみる方は一度ご相談ください。

歯の表面のコーティング剤を塗布することで歯がしみる症状を軽減できることがあります。

お問い合わせ・ご予約

診療時間
初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
03-6913-9666
月火水金9:00-12:30 / 15:00-18:30 土9:00-12:30 休診日/木・日・祝
  • アクセス・地図
  • お問い合わせ

〒167-0022 東京都杉並区下井草1-6-2

バス停

  • 阿佐ヶ谷駅より石神井公園駅行き(阿50)に乗車、バス停「阿佐ヶ谷営業所」下車すぐ
  • 中野駅行き(阿45)、鷺ノ宮駅行き(阿01・荻06)に乗車、バス停「阿佐谷北六丁目」下車徒歩2分