歯周病が進行してしまうと歯がグラついたり食べ物が噛めなくなり、最悪の場合は「抜歯」となってしまいます。虫歯と違い歯自体には影響がなく、歯の周囲の歯ぐきや支えている骨事態を溶かし、歯が抜け落ちる大変恐ろしい病気です。

歯周病進行の様子

当院の歯周病治療への考え方

歯周病相談

歯周病にならないため、もしくは進行させないための解決策は歯科医院での歯石除去です。当院では、患者さんと相談しながら症状を見極め、なるべく抜歯しないような治療計画を患者さんと一緒に考えていく方針です。まずはお気軽にご相談ください。

歯周病の原因

歯石
  • 磨き残しの歯垢(プラーク)
  • 上記プラークの歯石化と付着
  • 偏った食生活によるアンバランスな栄養摂取
  • 歯ぎしり・くいしばり
  • ホルモンのバランスが崩れることによるもの
  • 不正な歯並びやかみ合わせ
  • おタバコ(喫煙)の習慣

歯周病は日本人の成人の約8割が患っていると言われる病気です。す。主に歯石に住みつく細菌により歯肉に炎症が起こり、歯肉や歯槽骨が破壊され、歯を支える周りの骨が溶ける病気で最終的には歯が抜けるまでになります。痛みなど初期の自覚症状があまり無いため、定期的な歯科検診をおすすめします。

歯周病の基本的な解決策は歯石除去

歯石除去(スケーリング)

歯石除去

歯周病の進行を食い止める基本的な治療が歯石除去(スケーリング)です。歯周病で一度失った骨の高さ・ボリュームは基本的には元に戻りません。

虫歯と同じように自然に治癒することはありませんので、歯周病にならないために、または現在の進行を食い止めるために定期的に歯石を除去することが大切になります。

歯石は普段の歯磨きでは落ちませんので、歯科医院でのプロによる清掃が必要です。スケーラーと呼ばれる専用の器具で丁寧に取り除いていきます。

⇒予防歯科ページの歯石除去の項目でも詳しく説明しております

自己チェックで歯周病を見つけよう

歯周病チェック

歯周病は初期症状があまり感じられずにどんどん進行していくため、以下のような自己管理チェックも大切になります。おかしいなと感じたらすぐにご相談を。ご自身は以下の項目にあてはまりますか?

  • 歯ぐきから血が出る
  • 歯ブラシに血がつく
  • 口臭がある・他人に臭いを指摘された
  • 歯ぐきが腫れて赤くブヨブヨな状態
  • 昔に比べ歯が長くなってきた
  • 歯の根が見えてきている
  • 歯と歯の間に隙間がでてきた
  • 歯がグラつく(歯が揺れる・動揺)
  • 歯ぐきが痛い、むずかゆい、うずく

上記のような症状が1点でも見られる場合、早めにご相談ください。

予防歯科をおすすめいたします

PMTC

当院では歯周病や虫歯にならないためのPMTCや歯石除去を行っております。

⇒予防歯科・PMTC・歯のクリーニングについて

かみ合わせ不良で、歯周病と似た症状が出ることがあります

かみ合わせ不良

歯磨きをして、しっかり汚れを落としていても一部の歯ぐきから血が出たり痛みがでたりすることがあります。これは一部の歯に咬み合わせの力が強くかかり、その部分だけ歯を支えている骨に負担がかかり、出血したりグラついたりするというもので、歯周病の症状に似ています。

これは咬合性外傷と呼ばれ、この場合、強く当たっている歯の噛み合わせを調整してあげると数週間で症状が改善します。咬み合わせが心配な方もまずはご相談ください。

お問い合わせ・ご予約

診療時間
初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
03-6913-9666
月火水金9:00-12:30 / 15:00-18:30 土9:00-12:30 休診日/木・日・祝
  • アクセス・地図
  • お問い合わせ

〒167-0022 東京都杉並区下井草1-6-2

バス停

  • 阿佐ヶ谷駅より石神井公園駅行き(阿50)に乗車、バス停「阿佐ヶ谷営業所」下車すぐ
  • 中野駅行き(阿45)、鷺ノ宮駅行き(阿01・荻06)に乗車、バス停「阿佐谷北六丁目」下車徒歩2分